MENU

働くことの大切さを感じている若い人達

安定した職を探すには

労働環境や、仕事に対する考え方は、年と共に変わってきています.高卒で働く人達も、また例外ではありません。長引く不景気の中で人材採用を控えていた企業もここ数年は積極的に採用をするようになってきています。今までの求人数と比べてみて場合でも、高卒の求人倍率はここ20年で最も高まっています。高校卒業を控えて、仕事を探している学生にとっては、歓迎できる事態であるといえます。現在に至るまでの時代背景の影響もあり、高卒で働こうとしている人の多くは、安定した職場を探している人が大勢見受けられます。この他に、昔と違うこととして、故郷で働きたいという高校生が増えています。就職に対する価値観は、世相を反映したものです。現代の高卒世代は、幼い頃を不況のただ中で育ってきたといえます。この間には就職氷河期やフリーターという言葉が話題になり、就職にたいへん苦労する時期もありました。今の高卒世代が、収入の基盤を安定させること重視して仕事を選ぶのは、上の世代の人達の労苦をじかに見ていたからといえます。高校生の仕事観には、奨学金の要素も関わっています。昔は、奨学金を借りてでも大学に行くことができれば、返済のめどはつきましたが、現在では働くようになっても奨学金を返すのが大変なままです。奨学金を取り巻く状況の変化や、求人倍率が増えたことによって、高卒で仕事をしたい人の考え方が変わるようになりました。